【記事目次】


一時の出会い



空っ風の吹く、真冬の高速道路。
俺は独り、寒さに耐えながら
中央車線を淡々と走っていた。

フッとバックミラーに目をやると
追い越し車線にヘッドライトが一つ
徐々に近づいてくる。

そのオートバイは、中央車線を走る俺を横目に
追い越し車線を走り過ぎる。

俺は退屈しのぎに、オートバイを追い越し車線に移し
一定の距離を保ち、そのオートバイの後ろにつけた。

しばらく走ると、そのオートバイが中央車線へ。
今度は俺が、そのオートバイをパスする。

すると、そのオートバイが
今度は俺の後ろへ、一定の距離を保ながら走る。

そして、また、しばらく走り
俺が中央車線へ移り、そのオートバイが俺をパスする。

そんな事を繰り返しながら走っていたが
俺は寒さに勝てず、小便タイムでSAへ入ると
そのオートバイも着いて来た。

俺がオートバイを停めると、そのオートバイも近くに停車。
ライダーは、ヘルメットのシールドを上げると
『寒くて退屈だったんですけど、楽しかったです^^』と言う。
俺もその言葉に
『俺も楽しかったですよ^^』と答えた。
ライダーは 『それじゃ!』 と頭を下げると
シールドを下ろし、走り去った。

走ることで対話し、ほんの少し言葉を交わしただけ。
今度、何処かで会ったとしとも分からないだろう。

こんな出会いがあるから
オートバイは楽しく、止められない。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114542822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。