【記事目次】


嘘だろ!?



オートバイの不具合箇所を見てもらうために立ち寄った
とあるハーレー販売店での事。

作業を待ちながら、駐車場で煙草を吸っていると
作業を終えたハーレーが2台、店員と整備士によって
店内から出てきた。

側には、そのハーレーの持ち主らしき若いカップル。
1台は、そこそこのカスタムを施したハーレー。
もう1台は、年式は新しくはないがスポーツスター系か。

店員から、一通りの説明を受けたカップル。
男がカスタムハーレーのエンジンを始動。
【ブルルーン、ドコン・ドコン・ドコン・・・】
たぶん違法マフラーではあるが、重低音の悪くない音。
そして、男は女の方へ近寄りスポーツスター系のエンジン始動。
”エンジンまでかけてあげるんだ・・・” などと、思った瞬間
【バキバキバキバキ・・・・バキッ!バキッ!バキッ!・・・】
男のカスタムハーレーよりはるかに大きな音。
しかも、重低音云々というより
耳を塞ぎたくなるような、ただの煩い系。

”すげえ音だな・・・” と思いながら
俺はしばらく、そのカップルを見ていた。

エンジンが暖まると、男は駐車場の出口へ。
幹線道路に面した販売店の駐車場から出るには
車が途切れるのは待たなければならない。

男は、自分の横に来るように、女に合図を送る。
女はエンジンの回転数を上げ 【バキバキバキ・・・スコン!】
クラッチを上手く繋げられずにエンスト。
再びエンジンをかけるも、発進できずに またエンスト。
そんな事を2・3度繰り返し、やっとこさっとこ男の隣へ。

俺は ”大丈夫か?” と首を傾げながら見物。

幹線道路の車が途切れると、先に行けと男の合図。
女は再び 【バキバキバキ・・・スコン!】 エンスト。
エンジンをかけ、また二人仲良く車が途切れるのを待つ。
車が途切れ、2度目の挑戦!
【バキバキバキ・・・スコン】 またまたエンスト。

誰もが振り向くような、マフラーからの爆音。
女とはいえ、あの体たらく。恥ずかしくないのか?

そして3度目。
【バキバキバキ・・・】と、高回転をキープしたまま
身体を仰け反らせ発進し、道路へ進入して行った。

もともと、教習所での大型二輪免許が反対だった俺は
呆れた苦笑いの中 『嘘だろ!』 と、独りごちた。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント
こんにちは。
ブログ村から見に来ました。
900Ninjaからハーレーへの乗り換えが自分と一緒なんでびっくりです。
よろしくです。
Posted by mos at 2009年11月09日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128730668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。