【記事目次】


子供が産まれて



30歳半ばになっても
GPZ900Rで馬鹿みたいにとばしていた。

”死んだら死んだで仕方ない”
と思っていた。

そんな時、子供が産まれた。
でも実感はなかった。

子供が少し喋れるようになってきて
俺は父親なんだと感じるようになった。

”この子と一緒にいたい
 この子に俺の知る全てを教えたい”
そう思うようになっていった。

そして、ある日
高速で200キロオーバーの世界でフッと思った。
”死んだら不味いんじゃないか!?”

それでもGPZ900Rに乗れば
必ずアクセルを開けていた。

脳裏をかすめる子供の顔。
でも・・・・
・・・・・・
俺は体感スピードに対する欲求を
止められずにいた。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。