【記事目次】


ライダースジャケットはラフに着る



前回、ライダースジャケットについての記事を書いたので
ライダースジャケットについてネットで調べみた。
そして、少し驚いたことがある。

多くの人がタイトに着ることを好み、中には
”小さめのサイズを選んだほうが良い”
という人までいる。

ライダースジャケットは上着だ。
それも、コートのように1番上に着る物だ。
しかも、本来(デザインを取り入れただけのファッション系を除く)
オートバイに乗るときに着る物だ。
そこまで身体にフィットさせてどうするのだ!?
真冬でも下に着込まず、空気の層もできず
ブルブル震えながらオートバイに乗るのか!?

俺には理解できない。

考えて欲しい。
Tシャツ1枚にライダースジャケットオートバイに乗る。
こんな季節が日本にどれくらいあるのか。
ましてや、ピチピチのライダースジャケットでは
風通しが悪く蒸れてしまう。

冬場は空気が溜まらず寒く、暖かい季節は蒸れて暑い。
良いことは1ツもない。
強いて言えば、街中ではカッコイイ!?

俺は全然カッコイイとは思わない。

本物のオートバイ乗りなら
乗車時のことを1番に考え
ライダースジャケットを十分に活用し
キッチリ着るよりラフに着る。
乱暴に、無造作に。

この方がカッコイイと思うのだが
いかがなものか。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。