【記事目次】


VANSON(バンソン)と SCHOTT(ショット)



VANSON(バンソン)SCHOTT(ショット)
日本でも有名なライダースジャケットのメーカーだ。

以前、記事にもしたが
俺は両方のシングルライダースジャケットを持っている。
バンソンBショット641

SCHOTT(ショット)に比べると
やはりVANSON(バンソン)の方が革質は上だ。
その分、値段も高い訳だがデザイン的にもまるで違う。

VANSON(バンソン)はタイトな造りで
着用した時、肩が落ちる事もなく
きっちりとスマートにスタイリッシュな感じ。
SCHOTT(ショット)はラフな感じで
着用すると、どうしても肩が落ち
VANSON(バンソン)に比べると
胸の辺りも余裕のある造りになっている。

俺は、その時々の気分で使い分けている。
キッチリした気分の時はVANSON(バンソン)
ラフに無造作な気分のときはSCHOTT(ショット)

どちらが優れているかと云う物でもなく
どちらも劣っていない。

オートバイでの使用に耐え
街着としても使用できるライダースジャケット

どちらも、長年愛用できる一品だ。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91356811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。