【記事目次】


ダサいぜ!俺!!!!



穏やかな天気に誘われ、オートバイを走らせる。
風も心地よく、走りなれたコースに気も緩む。

西湖から河口湖へ抜けると
以前、家族で行ったキャンプ場からの富士山を思い出す。
高台から望む富士山は、最高に美しかった。
”そうだ!あそこで写真を撮ろう^^” と、脇道へ入る。

急勾配の坂道を上る。
鋭角に曲がるコーナーの手前でスピードを落とし
”ここからの富士山はどうかな・・・” と、視線を左へ移し
さらにスピードを落とし、止まるのか止まらないのかの半端な動き。
”ここからは見えないか・・・” と視線を戻すと
鋭角コーナーは目の前。
”おっと” と、車体を傾けるも
コーナーを曲がるには、速度の落とし過ぎ。
ハーレーは、そのままグングンと倒れ込む。
右足を着くも、支えきれずに・・・・。

坂道の斜面に向けての転倒。
ただでさえ重いハーレーが、さらに重くなる。
起こした時には、腰も腕もパンパン。
”そんなことよりも・・・” と、傷のチェック。
マフラーの数ヵ所が傷ついていた。

転倒といっても、ほとんど ”立ちゴケ” のような感じ。
”こんなもんで済んだか・・・” と、少しホッとする。

写真など、もうどうでもよくなり帰路につく。
途中、何度か 休憩のためオートバイを停め
その都度、傷を眺める。
最初は、”こんなもんで・・・” と思っていたが
時間の経過とともに、傷がひどく見えてくる。
それでも、やっちまったものは仕方がない。

30年近くオートバイに乗って、こんなコケ方 みっともねぇ。
改めて、オートバイは自立しない乗り物だと再確認。

あ〜あ・・・ほんと、ダサいぜ!俺!!!!



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


青空に誘われて



昨日の気温は、19度。
今日の予想気温は、16度。
明日からは、また寒くなり
10度そこそこの気温が、2〜3日続くという。

窓の外に目をやると、青空が広がっている。
陽の光は暖かそうで、それに誘われるよう
俺は、ライダースジャケットを羽織り
ブーツの紐を結んでいた。


30分ほど走ると、太陽が陰り始め
空には雲が広がりつつある。
少し気持ちも沈むが、日差しがなくとも
全く寒さを感じない。

走り始めて1時間半。
いつもは通り過ぎるだけの三浦海岸で、オートバイを停める。

三浦海岸1.JPG 三浦海岸2.JPG

三浦海岸3.JPG 三浦海岸4.JPG

寂れたボートに小屋。
曇り空も相まって、何だか物悲しい。

波紋の出来た柔らかな砂浜に
数時間後には、風に消されるであろう
俺だけの足跡を残す。


宮川公園にある、二基の風車。
展望台からのヨットハーバーと水平線。

三浦・宮川公園・風車.JPG 三浦・宮川公園1.JPG

三浦・宮川公園2.JPG 

 群生する黄色い花は
 菜の花だろうか・・・・。
 花のことは、全く分からない。

さて、行こう。
”どの道を走ろうか・・・” 帰り道を思案し
俺は、駐車場に佇むハーレーに目を移した。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ




4月初旬。
暖かい日と寒い日と、温度差が激しい。
昨日は、気温が19度まで上がったが
今日の気温、天気予報では14度。

ハーレーのエンジンをかけ
いつものように、煙草1本分の暖機。
道路には、満開を過ぎ、散り始めた桜の花が舞う。

”今頃、あそこのは、どんな感じだろう・・・”
御殿場方面から富士スカイラインへ入った
両脇に自衛隊の演習場のある一本道の桜並木が頭に浮かぶ。
”タイミングがよければ、満開の桜のトンネルを走れる!”
これで、今日の行き先は決まった。

走り始めると、市街地では全く寒さは感じない。
しかし、道志へ向かうと寒さが増し
グローブをした手もかじかんでくる。

山中湖をやり過ごし、御殿場方面へ向かうも
寒さが身にしみる。
途中、道路脇に設置された温度計の掲示は4度。
”ん?・・・もしかして、桜もまだ咲いてない?・・・”
そんな考えが脳裏に浮かぶ。

途中を右折し、富士スカイラインへ。
満開に咲き誇った、色鮮やかな桜のトンネル・・・
の予定が・・・・

まだまだだった^^;
これだけ寒ければ無理もないのだが

富士スカイライン桜2.JPG  富士スカイライン桜1.JPG
ご覧の様な有様。

仕方なくUターンし、家路へ。
御殿場インターから東名へ入り、足柄SAへ。
オートバイを停めると、目の前に桜の木。

1本だけ佇む、その桜の花は
見事に咲く誇っていた。

せめてもと、写真を一枚。
足柄SA桜.JPG

青空に映える桜の花に、ちょっと苦笑いの俺だった。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


寒い!!!



3月中旬。
空に広がる雲の隙間には、青空が見える。
天気予報では、この雲は次第に取れ
晴れ間が広がると言う。
予想最高気温は12℃。

煙草1本分の暖機をしながら、何処へ行こうか思案する。
ここ数ヶ月は、冬の定番コースである三浦半島。
”そろそろ道志あたりへ行ってみるか” と
約半年ぶりのコースに決めた。

走り出すと、雲の隙間から見えた青空は完全に消え
冷たい北風に、すぐに手が痺れてきた。
信号待ちで、エンジンに手を当て暖める。

道志道へ入ると、寒さが増す。
ワインディングでの頻繁なシフトチェンジ
寒さにかじかんだ手に、クラッチ操作がおぼつかない。
道路脇には、解けきらない雪がチラホラと残る。

道の駅で固まった肩をほぐし、缶コーヒーで暖を取る。
次々とやって来るオートバイ乗り
彼らも皆、寒そうだ。

山中湖へ向かうと、霧のような雨。
降っているというより、舞っている感じだ。

あまりの寒さに、山中湖をやり過ごし
御殿場方面へ進路をとる。
”この寒さだと、気温は7,8℃位か・・・” と予想するも
途中、道路に設置された温度表示盤に出ている数字は ”1”。
手の痺れと痛みのため、身体は寒さを感じない。

オートバイで走り回る気は失せ
そのまま御殿場インターで東名高速へ入る。

東京方面へ走っていると、手の痛みは消えていく。
少しずつ広がる青い空。
北風は、相変わらず冷たいが
家へ帰り着く頃には、太陽が顔を出していた。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


元気だったか?



立春が過ぎても、寒い日が続く。
雪の降る日も、何日かあった。

寒さにオートバイに乗る気にならずにいると
明日は久しぶりに晴れると、天気予報で言う。
しかも、最高気温は15度。

『明日は、久々に乗るか!』 と、早めに就寝。

あくる日、目が覚めると
空には薄雲が広がっている。
全く日差しを感じない、というものではなく
地面には、薄い影を作っている。

テレビをつけ、天気予報を見ると
午後には晴れると言うから
これを信じて出かけることにした。


保土ヶ谷バイパスは、そこそこの車の流れ。
横浜横須賀道路の横須賀SAで休憩し
新しく完成した 【佐原本線】 のインターまで行ってみる。
狩場〜佐原は、1000円。
狩場〜佐原本線は、1150円。
150円の上乗せで、横須賀海岸線まで出られる。

横須賀海岸線は車も少なく、直線道路のため
どうしてもスピードを出したくなる。
しかし、それを見越してか
ときどき、警察がお店を出している。
佐原本線のインターで下りれば、横須賀海岸線の途中に出るため
捕まるリスクを多少は減らせるだろう。


海岸線をひた走り、いつもの小さな港の公園前にオートバイを停める。
まわりを見渡すも、いつもの猫がいない。
小さな公園に住み着いた猫。

しばらく待っても、姿を現さない。
ここへ来るのは3ヶ月振り。
『住処を変えたのかな・・・』 そんな事を考え
海辺へ下りる。

しばらく海を眺めた後、戻ろうとすると
『ニャ〜』 という声。
声の方へ視線を移すと、道路脇で
いつもの猫が俺を見ている。

『居たのか^^ 元気だったか?』 そう話しかけ
家から持ってきた、我が家の猫用の固形の餌を与えた。

一心不乱に食べる猫を見守り
『またな』 と、オートバイへ戻る。


午後になると、雲は消え
日差しが温もりを与えてくれた。

寒くなる前にと、来た道を
寄り道をしながら戻る。

横須賀海岸線に出ると、反対車線には
警察の店が出ていた。

今年の10月、俺は免許の書き換え。
このままいけば、久しぶりに地元の警察署で出来る。
『絶対の捕まりたくねぇなぁ〜』 と
横目でチラと見、アクセルを煽った。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


初乗り



エンジン始動時のアフターファイアー
やはり、一番の原因はバッテリーであった。

そりゃ〜3年間も使っていれば
バッテリーも弱るってもんだ。

ってことで、バッテリーとプラグを交換し
キャブレターを組み直した。って、勿論ショップで^^;

そして、エンジン始動。
セル一発でドコドコドコドコ〜〜〜〜。

日帰りではあるが、久々のツーリング。
考えてみれば、お〜〜〜〜
もう2月だというのに、今年の初乗り
三浦半島へ向かう。

時間も11時となれば、保土ヶ谷バイパスは車も多くない。
横横を通り、横須賀のPAまで1時間ちょい。
『いつも、このくらい空いてれば快適だなぁ』 などと思う。

海岸線へ出て ”たたら浜” の駐車場にハーレーを停める。

風は少し冷たいが、日差しを受けた海に目を細め
煙草に火を点ける。

小さな海岸へ下り、砂を手に取ると暖かく
数日前の雪が、嘘のようだ。

『今日は、しばらく此処にいよう・・・』 
そう決めて、独りきりの小さな海岸で海を眺める。

癒しは、やがて全身を包み
全てを許す、優しい気持ちになる。

昨年、息子と この浜に来た時の
波と遊ぶ息子の姿が目に浮かぶ。

”もうそろそろ、学校から帰ってくる頃か・・・”
少し緩んだ顔で、俺は海岸を後にした。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


バァ〜ン!



1月。
空は青々と澄んでいるが、気温は低く寒い。
とはいえ、年末に洗車した後
15分ほどは走らせて以来、2週間が経つ。
そろそろ走らなければ、バッテリーも気にかかる。

『よしっ!』 と気合一発、ライダースジャケットを着て
初乗りを決め、オートバイからカバーを外す。

空気圧を調べると、フロントは正常。
しかし、リアが異状に減っている。
チェックしてみれば、釘が一本刺さっていた。
『何だよぉ!』 と空気を入れ、気圧を合わせる。
修理キットもないので 『バイク屋、寄ってくか・・』 とセルをくれる。

キュルキュルキュル・・・
『かかりが悪いなぁ?』 と思った次の瞬間
バァ〜ン!!!!
『おおぉ・・・』 バックファイアーアフターファイアーか?
2,3度試すも、その都度バァ〜ン!!!!

エアクリーナーとプラグをチェックし再挑戦するも
エンジンはかからず、最後はバァ〜ン!!!!
バッテリーも弱ってきて、もうこれまでか・・・

めんどくせぇ〜からショップに電話。
後日、引き上げに来てもらうことに・・・^^;

意気消沈し、ハーレーにカバーをかけた。



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


シフトリンケージ 外れる



道志・山中湖・富士山スカイラインと回り
御殿場から家路に向かい、東名を走る。

厚木の手前、小便がしたくなり、我慢の限界に達する所で
路線バスのレーンを発見し、オートバイを入れた。

減速し、クラッチを握ってシフトダウン・・・
シフトダウン・・・シフトダウン・・・
あれ?・・・あれ?・・・あれ?
いつもの場所にシフトペダルがない!?

そのままオートバイを停車させ、足元をみると
シフトペダルは、だらしなく垂れ下がっている。

とりあえずエンジンを切り、小用を済ませ
じっくり観察。

シフトリンケージ外れ2.JPG シフトリンケージ外れ3.JPG
”なるほど、こうなってんのかぁ・・・
 だったら、これをこうして・・・”

エンジンをかけ、いつものようにシフトチェンジ。
なんとかニュートラルには戻ったものの
頻繁なシフトチェンジには耐えらるだろうか!?

”とりあえず走ってみるか!” と
早めのシフトチェンジで本線へ入る。
何とか外れず、町田のインターで下りる。
料金所で減速、シフトチェンジ・・・外れない^^
”よしよし” と、町田方面への16号へ出る。

16号は、いつものように渋滞。
2,3度目のシフトチェンジで、案の定 外れた。
クラッチを握ったまま、右手を伸ばしてはめ込む。
何とか走る出すも、2,3度のシフトチェンジで、また外れた。

脇道へ入り、ハーレーを停める。
家までは、時間にして15分ほど。
しかし、こう頻繁に外れたのでは走るに走れない。
行きつけのショップは定休日。
仕方なく、ハーレーのロードサイドアシスタンスに電話した。

営業していた一番近いショップの青葉へ搬送。
シフトリンケージをタイラップで固定しての応急処置。
何とか家まで帰り着く事ができた。 



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


極短快晴ツーリング



8月、お盆。
梅雨が明けてからも、夏らしい天気は少なく
曇りや雨ばかりの天気が続く。

そんな中、久しぶりの快晴。
”待ってました!” とばかりに、オートバイに跨る。

しかし、この時期 何処へ行こうか・・・
何処へ行っても込んでいるだろう。
オートバイなら 【すり抜け】 が出来るとはいえ
やはり神経を使い疲れてしまうし、事故の確率も上がる。
道が空いているにこした事はない。

『そうだ!』 と、思いついたのが都内
この時期の都内なら空いているかもしれない。

国道246へ出て、渋谷方面へ向かう。
所々に混雑はあるが、これくらいならばと先へ進む。

頭の中では ”渋谷・新宿を経由して、国道20号で戻る” 道程。

しかし、高速下へ入ると一気に車が増え渋滞。
予想は見事に外れた。

途中で嫌になり左折し、世田谷通りに向かう。
行くあてもなく、世田谷通りを下り家路へ。

”お盆の、この時期じゃ こんなもんか” と諦め
次回のツーリングに想いを馳せる。

ほんの60km程度の極短ツーリング
快適とは言えないまでも、乗った気にはなった。
まあ、これもオートバイの楽しみ方か。 



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


バッテリー



オイル交換から20日。
梅雨の天気のせいもあって、オートバイに全然乗っていない。

晴れ間が出た時には乗る時間がなく、時間がある時には雨が降る。
梅雨とは、何とも意地悪なものだ。

こんな時、いつも心配になるのがバッテリーだ。
ハーレーのバッテリーは決して安い物ではないし
何より、バッテリーが上がると何かと面倒だ。

以前、900ニンジャ(GPZ900R)に乗っていた頃
友人と2人で大阪へツーリングに出かけた。
大阪に住む、友人を訪ねるためだ。

東京から高速を走り、途中のSAで休憩した後の事。
『さて、行くか!』 と、セルスターターを押すと
ウンともスンともいわない。

出発の数日前には、バイク屋で整備を済ませ
完璧な状態のはずだったのに、突然バッテリーが死んだのだ

その場は 【押しがけ】 でエンジンを始動させたが
大阪までは、まだ半分以上の行程が残っていた。
なるべく休憩は入れないようし、それでも3,4度の休憩で
その度の 【押しがけ】

その後、無事に大阪の友人宅へ到着し
バイクショップでバッテリーを購入し、交換した。

友人と2人だったから、笑っていられたが
1人だったら笑えなかっただろうと思う。


さて
そろそろ天気なんて気にしていられないかもしれない。
雨が降ったら合羽を着て出かければ良い。
バッテリーが上がるよりは、はるかにましだ。 



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


オイル交換周期



オートバイに乗り始めて、二十数年。
900ニンジャZZR−1100等、数台を乗り継ぎ
今のハーレーに乗って、7年が経つ。

日本車に乗っているときは、以前の記事にも書いた通り
3000キロ・又は6ヶ月毎にオイル交換していた。

ハーレーに乗り換えてからも、その交換周期を守っていたのだが
ここ2年位は、1年毎の交換になっている。

先日、点検も兼ねてハーレーのショップを訪ねた。
前回の点検(エンジン・ミッション・プライマリーオイル交換含む)から1年
今回も、オイル交換を含む点検のためだ。

点検作業は2時間ほど。
その間、世話になっているショップ店員と話をした。

オイル交換のタイミングは、人それぞれだし本人の自由だと思う。
しかし色々な意見があり、どのタイミングが良いのか
自分に合っているのか、迷うところもあると思う。

だから、その時の店員との会話を以下に書いておく。
オイル交換の時期に迷っている人がいれば
少しでも、その参考になればと思う。

俺 : 『俺、乗っても年間4,5000キロだから
    点検は1年に1回するとしても、エンジンオイルだけは
    半年毎に換えようと思うんだけど・・』

店 : 『いやぁ〜、そこまでしなくて大丈夫ですよ!
    1年に1回換えてやれば十分です!』

俺 : 『でも、日本車に乗ってる時は半年毎だったし
    それが、定説みたいになってるでしょ!
    中には、3ヶ月毎なんて奴もいるし・・・』

店 : 『日本車のオイルは、ハーレーみたいに分かれてなくて
    全部一緒じゃないですか。
    だから、汚れ方も違うんですよ。
    それに日本車は、細かいパーツが沢山あるから
    それくらいで換えてやった方が良いって言われてますよね。
    でもハーレーって、日本車ほど細かいパーツもないし 
    ある意味、鈍感なんですよ!
    エンジンの回し方も違うし、1年毎で十分です!』

俺 : 『確かに、常用域は1500〜3000(回転)
    回しても4000だもんね!』

店 : 『4000っていったら、そうとう回してる方ですよ!』  

俺 : 『じゃあ、1年に1回 点検して
    その時に、全部のオイルを交換してやれば良い?』

店 : 『半年で3000とか4000キロ走ったら別ですけど
    年間4、5000キロだったら、それで十分です!
    ミッションやプライマリーオイルは、気分の問題で
    1年以上 大丈夫ですよ』

俺 : 『そっかぁ〜・・・じゃあ
    1年毎に、全部のオイルを換えてやればいっか!』

店 : 『完璧ですよ!』 

俺 : 『ネットなんかで調べると、ショップなんかでも
    半年毎とか3ヶ月毎とか書いてあるのって
    あれ、商売!?』

店 : 『ん〜・・商売じゃないですかね!』

以上が、オイル交換に関してショップ店員と話した内容だ。
この会話によって、1年に1回のオイル交換でも良いかなぁと
俺は思っている。
しかし、これが絶対に正しいという事ではなく
気分の問題(安心感等)もあるだろう。
それに、オイルが常に新鮮であることがエンジンには良い事は
間違いない。


点検終了後、ラバーマウントのラバー劣化で交換が必要だと言われ
ラバーマウントは、消耗品なのだと初めて知った^^; 



ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


オイル交換



オイル交換と言えば
【期間に関係なく3000km走ったら交換】
【走行距離に関係なく、半年後ごとに交換】
一般的には、こんな感じだろう。

俺も20年以上オートバイに乗っているが
オイル交換は、上記のようなかたちで行っている。
 
では、このオイル交換が
オートバイには、どのような影響があるのだろうか!?

新鮮なオイルで回してやれば
エンジンに良いことは、誰にでも分かる。

しかし、だからと言って
故障しないか!? と言うと、そんなことはないだろう。

どんなに頻繁に、丁寧にメンテナンスしても
故障する時は、故障する。

また逆に、どんなにメンテナンスを怠っていても
故障しない時は、故障しない。

購入した車両の、”当たり””ハズレ”も確実にあるし
乗り方によるところも大きいだろう。

現に、俺がこれまで乗ってきた日本車(逆車ではあるが)でも
”1度も故障しなかった”なんて事はなかったし
ハーレーに至っては、半年ごとの定期点検とオイル交換でも
6年乗って、故障やオイル漏れで3回エンジンを下ろしている。

確かに、オイル交換は大事なメンテナンスの一つだ。
しかし、オイルがいつも新鮮だからと言って
”コレで大丈夫!”なんてことは絶対にない。

最近では
”どうせ壊れるなら、ちょっとラフに扱ってみるか!” と
オイル交換やメンテナンスの周期を長めにとってみようかと
考えている。
その方が、経済的にも助かるしね!


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


一時の出会い



空っ風の吹く、真冬の高速道路。
俺は独り、寒さに耐えながら
中央車線を淡々と走っていた。

フッとバックミラーに目をやると
追い越し車線にヘッドライトが一つ
徐々に近づいてくる。

そのオートバイは、中央車線を走る俺を横目に
追い越し車線を走り過ぎる。

俺は退屈しのぎに、オートバイを追い越し車線に移し
一定の距離を保ち、そのオートバイの後ろにつけた。

しばらく走ると、そのオートバイが中央車線へ。
今度は俺が、そのオートバイをパスする。

すると、そのオートバイが
今度は俺の後ろへ、一定の距離を保ながら走る。

そして、また、しばらく走り
俺が中央車線へ移り、そのオートバイが俺をパスする。

そんな事を繰り返しながら走っていたが
俺は寒さに勝てず、小便タイムでSAへ入ると
そのオートバイも着いて来た。

俺がオートバイを停めると、そのオートバイも近くに停車。
ライダーは、ヘルメットのシールドを上げると
『寒くて退屈だったんですけど、楽しかったです^^』と言う。
俺もその言葉に
『俺も楽しかったですよ^^』と答えた。
ライダーは 『それじゃ!』 と頭を下げると
シールドを下ろし、走り去った。

走ることで対話し、ほんの少し言葉を交わしただけ。
今度、何処かで会ったとしとも分からないだろう。

こんな出会いがあるから
オートバイは楽しく、止められない。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


観音崎



立春から数日。
雲一つない青空の下、オートバイを走らせる。

保土ヶ谷バイパスは渋滞気味だが、ゆっくりとした車の流れの中
すり抜けを繰り返し自分のペースを守る。

風は強いが、日差しの温もりを感じながら
横横の横須賀SAで休憩。
先客のオートバイが5,6台いたため
オートバイの駐車スペースに空きはなく
缶コーヒーと煙草1本で、早々に出発。

海岸線へ出ると、風にあおられ
海には白波が立っている。

海岸線を走り続け、三浦半島を1周。
午後には一段と風が強まり、指先に痛みを感じ始めた。

帰り際、観音崎で休憩。

2009年02月06日_IMGP0157.JPG 2009年02月06日_IMGP0159.JPG

障害物のない海岸は、容赦のない風が吹きつけ
身体を芯から震わせる。

2009年02月06日_IMGP0158.JPG 2009年02月06日_IMGP0160.JPG

強風による寒さに、観音崎灯台へ歩いて行く気にもなれず
写真を撮って出発。

しばらく走ると、野郎二人乗りのオートバイに追いつく。
オートバイはカワサキ。
ナンバーは曲げられ、空を向いている。
俺も900ニンジャに乗っていた頃、可動式のパーツを買い
ナンバーを上に向けていた事があったが
白バイに停められ、えらく怒られたことがあった。

信号で停まっていると、後ろに乗った兄ちゃんが俺をチラ見。
運転者と何か話し、信号ダッシュ。
俺は悠然と走ったが、次の信号も赤でつかまり再び並ぶ。
信号が青に変わると、急に悪戯心が湧き上がり
クラッチを繋いでアクセルをあおった。
バックミラーの中、みるみる小さくなるカワサキ。
次の信号で、俺は左折。
彼等は直進し、遊びは終わり・・・楽しかった、有難う。


後、数週間も経てば
春らしい日差しの時間が来るだろう。
真冬の、凛とした空気の中を走るのも悪くはないが
やはり、春の日差しは待ち遠しい。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


指先 ジンジン



信号待ちで、ハーレーのエンジンに手を当てる。
走り出して、まだ間もないというのに
やけに指先が痛む。
冬真っ盛りの今の時期では、雲一つない青空の下でも
薄手の革グローブでは役不足か・・・。

しかし、暖かい時期にはグローブをはめない俺にとって
薄手の革グローブさえ、違和感がある。
これ以上、厚手のグローブは着ける気にもならない。

信号待ちの度に、ハーレーのエンジンに手を当て
海へ向かう。

海岸線では、澄んだ空気のおかげで富士山が映える。

小さな海岸にオートバイを停め、砂浜を歩くと
潮の香りに混ざって、日差しの匂いがする。
煙草に火をつけ、胸一杯に煙を吸い込む。

オートバイに戻り、走り始めると
指先の痛みも消えていた。
でも、1〜2時間もすれば
夕刻へと太陽も傾き、再び指先が痛むだろう・・・。

ほんの数時間の、日差しの有り難味を感じながら
俺は進路を家路に向けた。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


三浦半島 たたら浜



前日の雨が嘘のように、綺麗に晴れ渡った空。
路面は、まだ濡れているが
次第に乾いていくだろう。

穏やかな風に、心地よい日差し。
12月だというのに、全く寒さは感じない。
俺はただ、海に向かってオートバイを走らせた。

街を抜け海岸線へ出ると
直線道路では、警察が店開きの準備中。
年末の晴れた暖かな日は、日向ぼっこよろしく奴等が出没し
ニヤケ面で、ノルマをこなす・・・ご注意あれ!

さて、そんな奴等を横目でやり過ごし
海岸線の駐車場へオートバイを入れる。

たたら浜。
とても小さな海岸だが、この辺りの海では
ここが1番綺麗だと思う。

2008年12月18日_IMGP0042.JPG 第一作目の映画 ”ゴジラ” で
 初めて日本にゴジラが上陸した場所。
 それが、この ”たたら浜”。
 前日の雨で、多少の濁りはあるのだろうが
 それでもやっぱり綺麗だと感じる。

2008年12月18日_IMGP0043.JPG  2008年12月18日_IMGP0044.JPG

少しの間、浜辺を歩き 海を眺めてボーっとした。


左手に海を見ながら、しばしのクルージング。
住宅街や街中では、うるさく感じる排気音も気にならない。

発電用のドデカイ風車。
畑の向こうに風車のある風景。

2008年12月18日_IMGP0045.JPG 2008年12月18日_IMGP0047.JPG

何度訪れても飽きない場所がある。
そんな三浦半島が、俺の冬の定番ツーリングコース。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


本格的な冬の前に



本格的な冬が来る前に、暖かい時期のツーリングコースである
山中湖方面へ行く事にした。
以前、12月頃に走りに行った時
少し凍結した路面で後輪が滑り、事故りそうになった事があり
それ以来、11月までしか行かない事にしている。

天気予報は晴れ。
気温も19度くらいにはなるらしい。

それでも朝の空気は冷たく
暖かい時期にはグローブを着けない主義の俺も
グローブを着けた。

道志に入ると、グローブを着けた手もジンジンしびれ
さすがに ”もう、冬だなぁ” などと感じる。

山の間から、時々姿を見せる富士山。
もう完全に雪を被っている。

道志の道の駅で一休みし、缶コーヒーで身体を温める。

P1000057.jpg 山中湖で、良さそうな場所を見つけ
 雪を被った富士山と
 愛車のハーレーの写真を1枚。
 ただオートバイに乗ることだけが目的の
 ツーリング。
 またこれも楽しい。

どのコースを走って家に向かうのか考えながらの走行。
御殿場を抜け、箱根へ向かう。

富士山の見える絶好のポイントでは
平然と路肩に駐車する馬鹿が運転する車が多く
急にブレーキを踏み、ハザードを出す。

少し渋滞気味の箱根を抜け、1号線を走る。
途中、寒川方面へ進路をとり家路へ。


気温19度とは言っても、暖かく感じたのは2時間程度で
午後12時頃から2時頃までだ。

おそらく、春になるまで山中湖方面へは行かないだろう。
冬場は、三浦半島辺りを適当に走る。

毎年、同じように繰り返すオートバイライフ。
長い旅に出たいと思う、今日この頃である。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


旅に出たくなる曲



オートバイに乗っている時、頭に浮かぶ歌がある。
その時の気分にもよるが、一つの歌が頭に響く。

家にいる時も、一つの歌が頭に響く時がある。
心が満たされず、何処かへ行きたいと思う時・・・。


あてもなく、さすらう旅に行きたいと思う時に響く歌。
またその逆に、一つの歌を聴いた時に旅に出たいと思わせる歌。
俺には、そんな歌が二つある。

一つは、柳ジョージの ”アイム・ ランブラー”
そしてもう一つ。
これも柳ジョージで ”コインランドリーブルース”

ネットで探したが、”アイム・ ランブラー”は見つからなかったが
”コインランドリーブルース”は見つけることが出来た。




年齢を重ねていくと、結婚したり子供ができたりと
自分の好き勝手には出来なくなってくる。

でもこの先には、また好き勝手に出来る時期がくる。
子供が大きくなり、妻に理解があればだが・・・。

その時には旅に出よう。
この歌のように、女と出会い恋をして別れるなんて
カッコよくはいかないだろうが・・・。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


雨、雨、雨。



今年の夏は、とにかく暑い。
しかも暑いばかりでなく、8月の半ばを過ぎると雨・雨・雨

息子の夏休み恒例、男同士のタンデムツーリングキャンプも
週間天気を見ながら、予定を組んだ。
それでも、キャンプ2日目の夕方には凄い雷と雨に見舞われ
その翌日は、曇り空の中での撤収で
前日の雨で濡れたテント等は乾ききらないままの撤収で帰宅。
その後の1週間も雨・雨・雨
9月に入っても天気は安定せず、雨の日が多い。

そんな中、久しぶりに晴れた先日
道志〜山中湖〜御殿場〜箱根〜帰宅のツーリングに出かけた。

サンサンと照りつける太陽の下、Tシャツ1枚でのライディング。
汗で張り付くジーンズに不快感を感じる街中。
それでも道志道に入ると空気は一変し、寒いとすら感じた。

御殿場では、ジリジリと腕を焼くような暑さ。
観光客で賑わう箱根の雰囲気は、やはり好きだ。

高速を使わず、一般道だけの走行で全210km。
出発から帰宅まで、6時間弱。
程好い疲れに気分は良かった。

短い時間でもオートバイに乗ると
”旅”がしたいと思う。
時間に縛られず、風の向くまま気の向くままに・・・。
余計な事は考えずに道を走り、出会った風景に感動する。
夕方になれば寝床を探し、朝になったら旅を続ける。

長い期間、キャンプをしながらツーリングしたことがある人は
分かると思う。
言葉には出来ない、ある種の感覚が心に残っているはずだ。
そしてまた”旅”がしたいと思うのだ。

さて、久しぶりのツーリングを終えた次の日は
またまた
変な気候に『地球が変になってきてるのかなぁ〜・・・』なんて
オートバイに乗って公害を撒き散らしている俺も考えた。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


暑すぎる夏



『車検が終わりました』 とショップからの電話。

『梅雨が終わるまで、ゆっくりでいいから』 と言っておいたので
そこそこ時間はかかったのだが、暑くて取りに行く気にならない^^;

取りに行ったのは、ショップからの電話があった10日後。
走りだすと、そこそこ気持ちはいいのだが
しばらくすると汗が噴出してくる。
”こりゃ駄目だ!!” と暑さに負け、家に帰ろうと思った時
低速時と停車時に聞こえる、リアからの異音と振動が気になった。

”何だよ、もぅ〜・・” と確認のため、しばらく走ってみることにした。

1時間ほど走ってみると、やはり気になりショップへ戻った。

クーラーのきいた店内で、汗だくになった身体を休め
『夏はオートバイなんか乗るもんじゃない・・・』
などと店員と話をしながら、報告を待った。

しばらくすると整備の人が来て
『ベルトの張り過ぎでした^^;』 との報告。

再びオートバイに跨り、走り出すと
異音と振動は完全に消え、ホッと一安心して家に帰った。


この暑い夏。
実際、オートバイに乗る気にならない。
しかし、8月の半ばには
息子と恒例のオートバイでのツーリングキャンプが待っている。


夏は夏で ”早く涼しくならないかなぁ〜”などと思い
冬は冬で ”早く暖かくならないかなぁ〜”と考える^^;

オートバイでの快適な季節は、本当に限られている。
シャツの上にジャケットを1枚羽織り、暑くもなく寒くもない
そんな時期が1番である。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。