【記事目次】


ハーレー ダイナワイドグライド



雑誌で見た
ハーレーダビッドソン ダイナワイドグライド
スタイルが良く、気にはなっていたが
以前、試乗したハーレーの中にはなかった。

ある日、ハーレーから来た試乗会の案内。
その試乗車種の中にワイドグライドの文字。

行ってみた。
乗ってみると意外と楽しかった。

考えた。
このまま独りでスピードを求めて
GPZ900Rに乗り続けるか。
スピードは楽しめないが、のんびりと走り
時には子供を乗せキャンプに行ったりするのか。

俺は後者を選んだ。

ディーラーにGPZ900Rを渡した時
何故か泣きそうになった。

駐車場の片隅にたたずむGPZ900Rの顔が
悲しげに見えた。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


ハレーダビッドソンの試乗会



たまたま仕事で出かけたお台場で
ハーレーダビッドソンの試乗会をやっていた。

それがハーレーとの出会い。

いつか雑誌でみて
”このハーレーかっこいいな”
そう思った車種がなかったが、試しに何台か試乗してみた。

初めてのアメリカンだからか、跨った時の違和感。
コーナーで車体を傾けるとガリガリっとマフラーを擦った。
”何だ、これ!つまんねーの!!”
これが俺のハーレーに対する印象。

GPZ900Rの方が、はるかに面白かった。

この時、俺は
数年後にハーレーに乗るとは思ってもいなかった。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


子供が産まれて



30歳半ばになっても
GPZ900Rで馬鹿みたいにとばしていた。

”死んだら死んだで仕方ない”
と思っていた。

そんな時、子供が産まれた。
でも実感はなかった。

子供が少し喋れるようになってきて
俺は父親なんだと感じるようになった。

”この子と一緒にいたい
 この子に俺の知る全てを教えたい”
そう思うようになっていった。

そして、ある日
高速で200キロオーバーの世界でフッと思った。
”死んだら不味いんじゃないか!?”

それでもGPZ900Rに乗れば
必ずアクセルを開けていた。

脳裏をかすめる子供の顔。
でも・・・・
・・・・・・
俺は体感スピードに対する欲求を
止められずにいた。


ランキング参加中です。
ポチッと一発ヨロシクです^^

にほんブログ村 バイクブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。